危険な薬の個人輸入

インターネットで注文できる個人輸入にまつわる危険な体験のまとめサイトです。

出産時の薬の代金は原則として自由診療になる

赤ちゃん陣痛がはじまると産婦人科がある病院に行って赤ちゃんを産むことになりますが、中にはなかなか赤ちゃんが母体から出てこないことがあります。このような場合には赤ちゃんを女性の体外に出すのを促すために様々な薬が使用されます。病院での出産は原則として自由診療であるため、使用された薬の費用についても原則として自由診療の対象となります。出産は、平均して30~50万円程度かかるといわれており、この中には薬代も数万円程度含まれています。現在は、自治体や企業などからによる一時金の支給制度が充実してきており、自己負担はいくらか軽減させることはできるものの、産まれる時に備えてお金をある程度ためておく必要があることには変わりありません。
ただし、出産では例外的に保険診療になる場合もあります。例えば、陣痛が微弱陣痛だった場合は、陣痛促進剤を投与して人為的に陣痛を誘発させることがありますが、病院によってはこの陣痛促進剤に保険が適用されることがあります。また、出産時の出血がなかなか止まらない場合に、点滴注射によって止血剤を投与することがありますが、これについても病院によっては保険が適用されます。さらに、女性の中には妊娠する前からかかえている持病が理由で、健康な女性と同じように普通分娩を行うことができない場合もあります。このような場合も、医師が分娩の前後で何らかの処置を行う必要があると判断すれば、その後に薬剤を投与されてもその費用が保険の適用対象となる可能性があります。このように、病院で子どもを産むときに医学的な処置が必要となったとき、その処置の一環として薬剤が使用された場合は保険が適用される可能性があるので、病院を退院するまでの間に保険が適用されるかどうかを確認しておくと良いでしょう。