危険な薬の個人輸入

インターネットで注文できる個人輸入にまつわる危険な体験のまとめサイトです。

日本の薬と海外の薬は飲む量に注意

日本人の体質と欧米などの海外の人の体質には大きな違いがあります。
そのために、日本の薬と海外の薬の違いも大きなものとなっています。
薬というものは基本的にその国の人の体質に合わせて作られているために、飲む量や容量そして、用途などの違いに注意しなければなりません。
特に用途の違いは日本の薬と同じ名称であることもあるために、分かりにくく説明書などを日本の物よりも良く読んで使う必要があります。
その様なことがあるために、海外の薬を日本人が使う際は特に気を使う必要があります。
近年では個人で通販サイトなどを利用して輸入することが可能となっているために、その危険性を認知している人は少ないと言われています。
そのために、各サイトや医療機関などではその様なことをしっかりと認知させるために、インターネット上などに広告を出すなどとして対策を取っています。
その様な対策を取ることによって多くの人々の薬への危険性の認知度も高くなり、一昔前の様に多くの薬物に関する死亡事故なども格段に減ったと言われています。
そのために、海外の薬を使う際には飲む量や薬の容量そして、種類や用途などの違いに細心の注意を払う必要があるとされています。