危険な薬の個人輸入

インターネットで注文できる個人輸入にまつわる危険な体験のまとめサイトです。

海外サイトで薬を買うなら英語を知らないと危険

薬を購入したくても、なかなかお店で買えない方もいます。

買うのが恥ずかしいというものもあると思うので、そんな方はインターネットを使って薬が買える環境というのはとても大切な存在です。

しかし、日本が販売許可していない薬でも、海外の通販サイトを利用すると購入することができます。
日本で認可されていなからといって、海外では危険な薬というわけではないからです。
海外の英語サイトで購入するときは、そこにかかれている英語を理解する必要があるので、英語を知らないと危険です。
海外サイトで薬を買うのは、とっても危険ですので、薬を購入したくてもなかなか買う勇気がない方は、インターネットで日本で出している医薬品を購入することをおすすめします。

日本人向けに日本語のページが用意されているサイトも多いようですが、だまされないように気を付けることです。

あまり他人に知られたくない身体のコンプレックスの薬も日本で行っている医薬品インターネットで購入することができます。
育毛剤や、尿のお薬があります。

お薬の輸入代行サイトを使うと、日本のお店では販売されていない、ED治療薬やAGA薬、早漏改善薬なども購入することができますので、男性的なコンプレックスを解消する方々もいます。